スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタデルム軟膏

スタデルム軟膏       鳥居薬品株式会社
スタデルム 非ステロイド系消炎・鎮痛外用薬 10g イブプロフェンピコノール50mgを含有

スタデルム軟膏は
非ステロイド系の消炎剤です。 湿疹やアトピーの炎症を押さえます。
スポンサーサイト

アンダーム軟膏

アンダーム軟膏 ブフェキサマク軟膏 
日本薬局方 日医工株式会社 帝国製薬株式会社
アンダーム 顔に使用できる非ステロイドのアンダーム軟膏
アンダーム軟膏
炎症をとって、かゆみ(痒み)を押さえます。ステロイドは入っていませんので、顔などにも安心して使えます。

※注 現代、アンダーム軟膏は製造されてない為、代用に スタデルム軟膏を処方されました。(非ステロイド系消炎・鎮痛外用剤)  アンダームのほうが、良く効いたように思いますが残念です。(私には)

ヒルドイド ソフト軟膏

ヒルドイド ソフト軟膏0.3% 25g マルホ株式会社(maruho) Hirudoid Soft Ointment 成分 ヘパリン類似物質
hirudoido保湿クリーム
ヒルドイド軟膏 
皮膚の保湿作用があり、皮膚の乾燥性症状を軽くします。また使用部位の血行促進し、血行障害に基づく痛みや、はれを軽くします。

アトピーとアレルギーの違い

私の子供もアトピー性皮膚炎で 悩んでいます。 最近多いそうです。その原因の中にアレルギーに関係するものが多いことから、アトピーは一種のアレルギーと言えるでしょう。

一体アトピーとアレルギーの違いは、何なんでしょう。

アトピー性皮膚炎の原因はいろいろあり、その中にはアレルギー体質によるものがあります。皮膚炎や蕁麻疹(じんましん)、アトピー型気管支喘息などを起こしやすいアレルギー体質、つまり、何らかの刺激が加わることで起こる、かゆみを伴う慢性の皮膚疾患。これが、アトピーです。

原因として、遺伝や細菌といったものもありますが、最も数が多いと思われるのが環境的要因です。生活面でのストレスや有害な化学物質、気候による敏感肌への影響、自分の汗による炎症、石けんによる皮膚のバリア機能の破壊、皮膚に存在する細菌などもありますが、アレルゲンに反応して起こるものが多数を占めているようです。乳児や児童に最も多い食物アレルゲン、ダニ・ハウスダストなどによる刺激など、その多くが日常生活に密着しているものばかりなので、治療は難しくなるわけです。

有害物質や汗、細菌に反応するのも、もしかするとその人特有の体質によるアレルギーの症状名のかも知れません。こうなると、アトピーはほとんどアレルギーであると言えそうです。

人により原因は微妙に違いますが、ほとんどのケースがアレルギーと同様の原因や症状です。このことからも、アレルギーと変わらない症状が見られる場合、アトピーはアレルギーと同じだと言えそうです。


アトピー改善のためによい季節とはいつか


アトピー性皮膚炎は季節の変化によって症状がかわってきます。季節ごとに違うアトピーの症状を知ることで、アトピー改善の為に、各季節をどのように過ごしたらいいのでしょうか?

春は花粉症の季節でもあるので、花粉にアレルギーを持っている人は、アトピー性皮膚炎の症状も重くなります。また、春は一年の節目の季節なので、学校がかわったり、職場が変わったりして生活環境が不安定になります。そういった精神的な負担も、アトピーにとって関係があります。いい状況でも悪いでもかかわらず、ストレスを感じる場合、アトピーの症状は強く表れます。春はストレスを感じやすいことを知り、自分がどこにストレスがあるかを観察しましょう。気温の急激な変化にも対応することが大切です。乾燥が肌に強く表れますので、肌の保湿も心がけましょう。

夏は紫外線が増えるのでアトピーの症状が重くなるといわれます。なぜ夏はアトピーが悪くなるのでしょうか。ひとつは、紫外線は肌の水分を奪い、この紫外線は、実は4月5月頃の日差しにも多くなります。夏だけではなく、紫外線に注意しましょう。日焼け止めには化学物質が含まれていることがあるので、アトピーのためにはあまり使わない方がよいです。帽子や手袋を利用して紫外線を浴びないように心がけましょう。

夏は汗をかきやすいことも、アトピーが悪化することの原因です。汗により皮脂が落ちてしまい、水分不足になってしまうのです。汗をこまめに洗い流し、水分を補給しましょう。こすりすぎるとアトピー肌にとってよくないので、汗をかくたびにハンカチなどで強くこすりすぎないようにしてください。一日の終わりにしっかり汗を落とし、洗浄剤が肌に残らないようにお湯で洗い流しましょう。その後は保湿をかならずしてください。

アトピーにとっていやな季節とされている夏ですが、実はアトピーにとって良い季節でもあるのです。それは、夏は汗をかきやすいことで、身体の代謝があがるからです。アトピーの人は汗をかきにくい人が多く、代謝が悪く、冷えやすい身体になっています。冷えた身体がアトピーにとってよくないのです。肌を清潔に保ちさえすれば汗をかくことはよいことです。冷房のきいた室内にいることでさらに冷えてしまいおまけに肌が乾燥してしまいます。運動と水分補給をこころがけましょう。

秋や冬は乾燥を防ぐ、アトピーにとって過ごしやすい季節ではありますが、乾燥すると、かゆみが増してしまいます。乾燥を防ぐことを第一に考え、さらに、アトピーを内側から治すために、身体を温めやすい熱性の食品をとって代謝をあげることが大切です。昔ながらの和食の温かいものを食べるとよいとされています。辛いもの、刺激物のとりすぎには気をつけましょう。アトピーの悪化の原因になります。
最新ニュース
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
治療法
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。